幸手市 ヨガ教室 NPO法人幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

12月の予定表

画像の説明

画像の説明

■開催場所 アスカル幸手
■開催時刻 10:30分~11:30分まで

           2 3
   根本   
  4 5     7  9 10
    照屋 根本
 11  12 13 14 15 16 17
  照屋  春美  
18   19 20  21 22 23 24
   照屋    Mika  
 25   2627   28      
    照屋             
31            
            

■今月のヨガ実施日は、上の表のとおり、黄色で表示した日です。


画像の説明


画像の説明


(クリック後、左下に「auto-○○○○」が表示されるので、更にそれをクリックすると、予定表が表示されます。それを印刷してくださいね。)

回数券
 いつからでも自由に参加できます。突然で構いません。ヨガ開催日に、直接会場においでください。
 会場入口に、受付担当がいます。5回分の回数券を2,000円(1回400円の計算になります)で購入していただければ、即、その場で参加できます。回数券に有効期限はありませんから、都合の良い時だけ参加することができます。5回分を使い切ったら、新しい回数券をお求めください。ただし、無くされても、再発行はできないので、ご注意ください。
服 装
 服装は、運動のし易いものであれば、何でも構いません。なお、バスタオルを敷いてやることもできますが、ヨガマットがあったほうが便利だと思います。ヨガマットは、ジョイフル本田やベイシア、その他のスポーツ店でお求めください。因みに、ジョイフル本田では、1,000円程度で購入できます。


画像の説明

ー菜の花ー

ダウンロード

実用的な花

 今月の花は、菜の花としました。そもそも「菜の花」が花だという自覚が私にはありません。子供の頃から、菜の花は、実用としてとらえていたからです。おひたしや和え物(あえもの)にするのが普通だったんですね。
 農家では、「菜種油」として、文字通り生活の糧にしていました。でも、春によく見かける黄色い花は、「西洋油菜(せいようあぶらな)」なので、私たちは、「西洋油菜」のことを「菜の花」と呼んでいたのかもしれません。
 それにしても、この菜の花の臭い、溜まらないですね。何だかとても幸せな気持ちになれる臭いです。春先に咲くからでしょうか。暖かい気候と下でした臭わない、気分の浮き立つような臭いですね。
 この菜の花、春に咲くため、養蜂業者の人たちは九州などの暖地から、花期に従ってしだいに北上してその花蜜を集めるらしいですね。そういえば、私の中学時代の友人が、那須で養蜂業をしていたんですが、ミツバチを追って、九州から順次、東北まで遠征した、なんてことを話していたことがあります。
 この菜の花、私の子どもの頃は、灯火用にも使っていました。ランプ用の油として使っていたんですね。何せ40%が脂分だというんですから、灯火用に使うのは当たり前です。吊るしたランプのホヤという傘の部分がすすけてしまうので、それを拭いて掃除するのが子供の仕事でしたね。でも、さすがに今はそんな光景見かけなくなりました。
 電休日といって、24時間電気が止まる日もありましたよ。当時は、テレビも冷蔵庫もクーラーももなかったので、それでも困らなかったんです。今の北朝鮮のようなものかもしれません。

幸手にも菜の花が

画像の説明

 私が住んでいる埼玉県幸手(さって)市にも菜の花の有名なところがあるんです。地元では「権現堂公園」なんて呼んでいます。桜と菜の花のコントラストが抜群にいいんです。
 ですからここ幸手では、菜の花は3月の花ということになりますが、全国的には開花期は2月ということでよろしいのではないでしょうか。
 この権現堂公園、私が40年前、当地に引っ越してきたころは、今のような観光地ではありませんでした。農家の方が、実用として地味に菜の花を栽培していたという感じでした。
 それが県が本腰を入れて観光地として整備してから、観光バスも来るような桜の名所に変身したんです。

花言葉

画像の説明

 花言葉は「豊かさ、財産」だそうです。かなり実用的な花言葉ですね。千葉県の県花(菜の花)にもなっているようです。確かに、房総半島の菜の花は、「春告げ鳥」のように、早春の話題として、テレビではよく紹介されます。
 菜の花で思い出すのは、私が紅顔の美少年だった頃ですから、中学時代だと思いますが、与謝蕪村の詠んだ
    「菜の花や 月は東に 日は西に」
なんていう詩が思い出されます。勉強が好きだったわけでもないのに、なぜかこういう詩を思い出すことができるんですから、私もそれなりにまじめに勉強していたのかもしれません。
 あ、そうそう、「春告げ鳥」といえば、私の好きな歌の歌詞に「春告げ鳥」という言葉のでる歌があります。山本譲二の歌う「花も嵐も」という歌です。最後に、この歌を聞いてくださいね。

ーワンコロガ 頭西向きゃ 尾は東(よその不遜)ー

▶▶▶山本譲二「花も嵐も」→こちらから

 

a:5237 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室