幸手市 ヨガ教室 NPO法人幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

12月の予定表

画像の説明

画像の説明

■開催場所 アスカル幸手
■開催時刻 10:30分~11:30分まで

          1 2
      
  3    5  6  8 9
  照屋   根本
 10  11 12 13 14 15 16
  照屋  根本  
17   18 19  20 21 22 23
   Mika    照屋  
 24   2526   27  28  29 30 
    大倉             
31            
            

■今月のヨガ実施日は、上の表のとおり、黄色で表示した日です。


画像の説明


画像の説明


(クリック後、左下に「auto-○○○○」が表示されるので、更にそれをクリックすると、予定表が表示されます。それを印刷してくださいね。)

回数券
 いつからでも自由に参加できます。突然で構いません。ヨガ開催日に、直接会場においでください。
 会場入口に、受付担当がいます。5回分の回数券を2,000円(1回400円の計算になります)で購入していただければ、即、その場で参加できます。回数券に有効期限はありませんから、都合の良い時だけ参加することができます。5回分を使い切ったら、新しい回数券をお求めください。ただし、無くされても、再発行はできないので、ご注意ください。
服 装
 服装は、運動のし易いものであれば、何でも構いません。なお、バスタオルを敷いてやることもできますが、ヨガマットがあったほうが便利だと思います。ヨガマットは、ジョイフル本田やベイシア、その他のスポーツ店でお求めください。因みに、ジョイフル本田では、1,000円程度で購入できます。


画像の説明

ープリムラー

ダウンロード

 今月の花は、プリムラとしました。このプリムラという花、毎年、近くのホームセンターで購入するんですが、名前は知らなかったんです。花がきれいということもありますが、何と言っても値段が手ごろ。300円から500円のレベルで一鉢買うことができます。
一寸買ってきて、そのまま飾ることもできるし、寄せ植えにもできる。便利な花です。
 プリムラの多くは本来は多年草なんだそうです。でも、夏の暑さ(高温多湿)に弱く、枯れてしまう場合もあるようです。私は、根がケチに生まれついているので、1年草だろうが多年草だろうが、花が咲き終わってもしつこく水やりをします。来年また同じように咲くのではないか、という期待があるからなんですね。でも、大体、冬の間に枯れてしまいます。

 このプリムラという花、実に様々な色がありますね。ほんとにびっくりしてしまいます。文字通り人間と同じです。島倉千代子の歌に「人生いろいろ」なんていう曲があります。このプリムラを見ると、なぜかあの歌詞の「女だっていろいろ咲き乱れるの」という部分が思い浮かぶんです。

画像の説明

 私は、幼き頃より、女性というのは、みんな同じだと思っていたんです。つまり女性に意地の悪い人とか、ひがみっぽい人とか、無気力な人だとか、そういう人はおらず、みんなきれいな心をもった清楚でおしとやかに生きる動物だと思っていたんです。
 というのは、私は男ばかりの5人兄弟で育ったので、若い女性のことがチンプンカンプンで全く分からなったんですね。ですから長じて「おしん」というテレビドラマを見た時、音羽信子演じる意地悪おばさんを見た時には、女性にはこんなに意地くその悪い人がいるんだと、ホントにびっくりしました。
 本当は、来年後期高齢者になる今でも、女性の気持ちはよくわかりません。自分の妻を見ても、何を考えているのか、本当はよく分からないんです。トリカブトや練炭火鉢を買い込んできたら、「何に使うんだろう?」と怪しむかもしれませんが、そうでもなければ、信じ切っています。

画像の説明

 トリカブト、いやプリムラの花言葉は、「青春のはじまりと悲しみ」「青春の恋」だそうです。いいですね~。青春の始まりですか・・・。一応、私にも青春はありました。「青春の始まり」なんて言葉を聞くと、若いころ「蒼い青春」とか「狂った果実」なんてタイトルの映画があったな~ことを思い出します。田舎の町に3軒しかない映画館で上映していたんですね。入りたくても入れませんでした。しっかり「成人映画」って書いてありましたからね。成人をとっくに過ぎ老境に入った今でも、「成人映画」なんて文字を思い出すだけで緊張します。当時は、喫茶店に入っただけで「不良」と呼ばれていた時代ですからね。そんな「蒼い青春」なんて映画を見に行ったら、正真正銘の不良ということになっていたでしょう。
 高校を卒業し、あこがれの東京に出て来た時、つまり上京してから、上野公園の近くでようやく成人映画を見たんですね。そしたら最初から最後まで画面に雨が降ったような状態で、しかも画面があちこちでパチパチピカピカ光ったりして、何が何やらよくわからないような映画でした。しかも立ち見の席で、人の肩越しに見るような状態だったんです。その上、横から誰かの手が伸びてきたりしたんです。外の看板にはポルノ映画って書いてあったような気がしますが、ホントにあれはポルノ映画だったんでしょうか。

 なお、赤いプリムラには「美の秘密」「後援のない功績」、紫のプリムラには「信頼」という花言葉があるそうですよ。私には紫のプリムラが一番似合っているような気がします。

~若き日の成人映画いまどこに~(セイシュンジジ)

 

a:5016 t:2 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室