幸手市 ヨガ教室 NPO法人幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

11月の予定表

画像の説明

画像の説明

1月のヨガ開催日は、下表の太字、黄色で表示したとおりです。
■開催場所 アスカル幸手
■開催時刻 10:30~11:30分まで
に変更はありません。

  1 2   3   4    5  6
    yumi 
 7  8   10 11 1213
  照屋    根本 
 14  15 16 17  18  1920
    根本  野中  
 21  22  23   24 25 2627
  照屋      照屋    
 28 29  30  31      
      Mika      
       
        

インストラクターは、毎月翌月分の予定を最終水曜日に決定し、その日の夕刻にこのホームページ上に掲載します。

画像の説明


(クリック後、左下に「auto-○○○○」が表示されるので、更にそれをクリックすると、予定表が表示されます。それを印刷してくださいね。)

画像の説明

回数券
 いつからでも自由に参加できます。突然で構いません。ヨガ開催日に、直接会場においでください。
 会場入口に、受付担当がいます。5回分の回数券を2,000円(1回400円の計算になります)で購入していただければ、即、その場で参加できます。回数券に有効期限はありませんから、都合の良い時だけ参加することができます。5回分を使い切ったら、新しい回数券をお求めください。ただし、無くされても、再発行はできないので、ご注意ください。
服 装
 服装は、運動のし易いものであればなんでも構いません。なお、バスタオルを敷いてやることもできますが、ヨガマットがあったほうが便利だと思います。ヨガマットは、ジョイフル本田やベイシア、その他のスポーツ店でお求めください。因みに、ジョイフル本田では、
1,000円ほどで購入できます。


画像の説明

なずな(薺)

なずなだけでは分からない

画像の説明

 今月の花は、なずな(薺)としました。なずな、なんて聞いてもピンとこない人も多いかもしれません。でも、ぺんぺん草と聞けば、おお~あれか、と反応するはずです。「もうぺんぺん草も生えない」という言い廻しは、一般的に使われているからです。それと、「ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロ」、つまり春の七草の言葉で思い出す人もいるかもしれません。
 実は私も、なずな(薺)なんて花、じっくり見たことがありません。でも、「ぺんぺん草も生えない」という言葉で連想できるように、肥料も必要とせず、手入れもしないのに勝手に生えてくる生命力の豊かな花、というイメージは伝わってきます。
 右上の写真でご覧になると、ああ、この花かと思い出される人も多いのではないでしょうか。わざわざ育てる花ではありませんから、当然です。実は、田舎にあるわが家の庭にも生えています。放っておくと勝手に増えていきます。
 この花の由来は、夏になると枯れること、つまり夏になると無くなることから「夏無」から転じたという説があるそうです。もっとも、撫でたいほど可愛い花の意味、つまり「撫菜」から転じたという説もあるようです。まあ、名前なんてどうでもいいんですけですね。

貝原益軒も称賛した

 この花、「春の七草」というくらいですから、食用にできるということは知っていますよね。昔は冬場の貴重な野菜でもあったそうです。養生訓で有名な貝原益軒先生は、「大和本草」のなかで、『天生此物為幽人山居之為」コレ味ユキ故也』(天は世を捨て暮らしている人のためにナズナを生じた。これは味が良いためである)なんていう解説をしているくらいですから、江戸期には庶民にとっては、普通に食する野草だったのかもしれません。

画像の説明

 私など貝原益軒なんてきくと、すぐに養生訓を連想します。そうです。「接して漏らさず」なんて言葉が思い浮かんでしまうんです。品よく育ったせいかもしれません。
 益軒先生の言うには、「四十以上の人は、交接のみしばしばにして、精気をば泄(もら)すべからず。四十以後は、腎気やうやく衰る故、泄さざれども、壮年のごとく、精気動かずして滞らず。此法行ひやすし。この法を行へば、泄さずして情慾はとげやすし。然れば、是気をめぐらし、精気をたもつ良法なるべし」ということです。意味わかります?私には何となく分かります。
 つまり、「漏らさなければ」どんどん性行為を行ってよい、と言っている訳ではなく、「年若き時より、男女の慾ふかくして、精気を多くへらしたる人は、生れ付さかんなれ共、下部の元気すくなくなり、五臓の根本よはくして、必短命なり。つゝしむべし。」
 40歳ともなれば、次第に体力も衰えるので、ほどほどに慎め、ということでしょうか。私のように、来年後期高齢者の年齢ともなれば、もやはほどほどにどころの騒ぎではありません。全然「漏らして」いないので、まず長命は間違いないと思います。
 あ、先生が言うところの「漏らさなければ」の意味が、おしっこのほうだとすれば、しばしば「ちょい漏れ」していますから、長命は保証されないのかもしれません。
 

花言葉

画像の説明

 なずなの花言葉は、『あなたに全てをお任せします』『あなたに私の全てを捧げます』だそうです。ナズナは、その実の形からセイヨウでは「Shepherd’s purse(羊飼いの財布)」と呼ばれているそうです。この別名から、財布を預けるという意味で、「あなたに全てをお任せします」という花言葉がつけられたというんです。
 何ということでしょう。私の大好きな言葉ではありませんか。「あなたに財布を預ける」「あなたにすべてをお任せします」なんて言われたら、今でも狂い死にしそうな気がします。どなたか、私に財布を預けてみませんか。

~尿漏れを 接して漏れたと勘違い~(ボケナズナ)

a:7553 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室