幸手市 ヨガ教室 NPO法人幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

11月の予定表

画像の説明

画像の説明

11月のヨガ開催日は、下表の太字、黄色で表示したとおりです。
■開催場所 アスカル幸手
■開催時刻 10:30~11:30分まで
に変更はありません。

      1       3  4
    根本 
 5  6   8   1011
  照屋    Mika 
 12  13 14 15  16  1718
    根本  根本  
 19 20 21   22 23 2425
    春美   根本    
 26 27  28   29  30   
   照屋      照屋   
       
        

インストラクターは、毎月翌月分の予定を最終水曜日に決定し、その日の夕刻にこのホームページ上に掲載します。

画像の説明


(クリック後、左下に「auto-○○○○」が表示されるので、更にそれをクリックすると、予定表が表示されます。それを印刷してくださいね。)

画像の説明

回数券
 いつからでも自由に参加できます。突然で構いません。ヨガ開催日に、直接会場においでください。
 会場入口に、受付担当がいます。5回分の回数券を2,000円(1回400円の計算になります)で購入していただければ、即、その場で参加できます。回数券に有効期限はありませんから、都合の良い時だけ参加することができます。5回分を使い切ったら、新しい回数券をお求めください。ただし、無くされても、再発行はできないので、ご注意ください。
服 装
 服装は、運動のし易いものであればなんでも構いません。なお、バスタオルを敷いてやることもできますが、ヨガマットがあったほうが便利だと思います。ヨガマットは、ジョイフル本田やベイシア、その他のスポーツ店でお求めください。因みに、ジョイフル本田では、
1,000円ほどで購入できます。


画像の説明

葉ボタン

野菜にも見える

 今月の花は、葉ボタンとしました。この葉ボタン、見ようによっては食用のようにも見えます。つまり白菜やキャベツと同じで、最初私は、食用として栽培しているのか、と思った時期がありました。観賞用としては、大雑把すぎ、繊細さに欠けるように見えたからです。

ダウンロード

 私の素直な見立ては間違っていませんでした。葉ボタンの和名「羽衣甘藍(ハゴロモカンラン)」は、西ヨーロッパで野菜として古くから扱われて作られていたんだそうです。当時は観賞用としての品種改良はされておらず、野菜としても、葉牡丹の仲間であるキャベツの品種改良に重点が置かれていたとのことです。

盗まれた葉ボタン

 その昔、といっても40年ほど前ですが、当地に引っ越してきた頃、猫の額に葉ボタンを植えたことがあるんです。道路に面した花壇に葉ボタンを3個並べて植えたんです。3個でもそこそこの値段がしました。それも道行く人たちに鑑賞してもらえれば、安いものです。
 ところが、その葉ボタン。植えてから数日で、盗まれてしまったんです。植えて間もなくですから、まだ根も伸びていないその時期に、スポッという感じで引き抜かれてしまったんです。悲しかったですね~。日本人にもこんなに品性下劣な人間がいるのか、と通りすがりの人を見ると、何だかみんな犯人のような気がしてしまったものです。

学校に花を持ってくる女生徒も

 この葉ボタンという花、私が幼少のみぎりには見かけたことはありませんでした。そう、何の穢れもなく田舎ですくすくと育っていた頃には、葉ボタンなんて栽培している家はなかったと思います。
 私の住んでいた那須地方では、そんな観賞用の花なんか作るよりは、実用的な野菜専門だったからです。もっとも、中学生の頃、女生徒の一人で毎日学校に花を持ってくてくれた人がいました。花なんて全く興味がなかったので、「へえ~、家で花なんて作ってるんだ・・・」なんて感心して見ていた記憶があります。多分、家族の誰かに花好きな人がいたんでしょうね。
 その女性が憧れのマドンナだったら、それだけで胸がきゅんとなったかもしれません。残念ながら、全くキュンという反応はありませんでしたから、何の興味もなかったということですね。

最近は花にも興味が

 私、来年、後期高齢者の仲間入りをします。そろそろ旅支度をしろ、という合図です。こういう歳になると、それまで花に見向きもしなかった私でも、多少は花に興味を持つようになりました。
 それも鉢植え専門で、何か特定の花に凝るというタイプではありません。何でもいいんです。近くの園芸店、と言っても徒歩で行けるジョイフル本田専門です。園芸コーナーに立ち寄り、その時その時で目についたものを数鉢買って帰るという程度の、鉢植え専門です。
 咲き終わった花の種を採取しておいて、翌年、それを植えるというタイプではありません。何度か、種を採取し、取っておいても、翌年にはすっかり忘れて、数年経過してから、この袋何が入っているんだろう?てな感じで気づく、そういうタイプです。要するに、面倒見が悪いんですね。

花言葉は

 葉ボタンの花言葉は、「祝福」「物事に動じない」「利益」だそうです。
 「祝福」は、紅白の色合いがおめでたいとされ、正月飾りとして親しまれていることに由来するんだそうです。
「物事に動じない」は、葉牡丹の株の大きさ、葉が大きく広がりどっしりと構えているようにみえることに由来するそうです。大きく安定感のある葉牡丹は、心の安定をもたらしてくれる、というわけです。葉が大きくどっしり構えている、と聞くとアメリカに行った時のことを思いだします。
 かの国の女性のお尻の大きいこと、目の前にお尻が来ると、もう気絶思想な位に大きいですよ。シカゴの街を歩いといるときに、女性のお尻の大きさに圧倒され目眩がしそうでした。日本女性の小さいお尻を見慣れていたからです。いえ、別に日本女性のお尻ばかり見ていたわけではありません。でも、圧倒的に違うその巨大さは、現地に行ってみなければ分からないでしょうね。草履のような大きな牛肉を平らげる、食文化の違いだけ見ても、その違いは明らかです。つくずく日本女性でよかったと思います。
「利益」の花言葉は、中国三国時代の政治家、軍人であった諸葛孔明が行く先々の戦場でキャベツを栽培して兵士の食料にしたという故事にちなんでいるそうです。

a:7172 t:3 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室