幸手市 ヨガ教室 NPO法人幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

初めてヨガを中止しました

初めてヨガを中止しました

台風10号の襲来

 台風10号というのは、特別に変わった台風だったようです。普通の台風は、遠く南方洋上で発生し、台湾や中国に向うかのような進路をたどり、突然、進路を変え、弓なりにしなって九州地方に上陸する、という経路をたどります。つまり偏西風に乗って、進路が急変化するんですね。

画像の説明

 ところが、今日の台風10号、三宅島の近辺、つまり日本近海で発生したと思ったら、普通の台風の逆コースをたどり、はるか南フィリッピンの方を目指しました。これだけでも驚きです。その後、南大東島のあたりでしばし逡巡したと思ったら、今度は反転し、再度、日本めがけて突進してきたんです。
 しかも、そのまま関東地方から東北地方にかけて上陸するというんです。その予報は、1週間前、つまり23日頃から出ていたんです。「あらまあ、このままの予報だと、来週の火曜日の午前中あたりが一番危ないではないか」、と危惧していたんです。その危惧が1週間後に、そのまま実現してしまったんです。
 これには驚きました。1週間前も前から予報がぴたりと当たるなんて信じられません。「お天気任せ」という言葉があるくらい、天気は移ろいやすく予測が困難とされています。最近、その天気予報がかなり正確になってきたのは、スーパーコンピュータの貢献が大きいようですね。さまざまな複雑系要因をすべて取り込み、スパコンにかけて分析させることにより、予測精度が急激に上がったんですね。嘗て、民主党政権時代に事業仕分けと称して蓮舫議員が「2位じゃダメなんですか」と質問したあれですよ。
 学校の成績ではないので、2位じゃダメなんです。2位のコンピュータを使って計算したものは、常に1位のコンピュータを使って計算した結果に負けてしまうんです。経済競争でも兵器の競争でも、100発100中、2位は1位に負けてしまうんです。蓮舫議員は、その辺の本質が分かっていなかったんでしょうね。
 先頃、囲碁の世界でも、世界最強のプロ棋士を打ち破った人工知能ソフト「AlphaGo」が話題になりました。チェスや将棋はとっくの昔にコンピュータが勝利しています。このソフトを開発したのはGoogle Researchで、「ディープラーニング」が技術的な背景にあります。
 このディープラーニングというやつ、自分で学習して自分で賢くなるっていうんですから、すごいですね。子どもの宿題なんてあっという間に解いてしまいますね。そのうちに恋愛感情も持てるようになるだろうっていうんですから空恐ろしいです。近いうちに、器械に好かれて、待ち伏せされるなんて事件、起こらないという保証はありませんよ。そちらこちらの美しいお嬢さん方、気を付けた方がいいですよ。私も、美しい器械になら、「あれ~」とか何とか言いながら、是非一度追いかけられてみたいものです。冥途の土産話に。

実施か否かで大いに迷う

 ところで、この台風、超がつくほどの大型で、関東から東北にかけて甚大な被害をもたらすだろうという予報でした。ヨガ主催者としては、ヨガを実施すべきかどうか大いに迷いました。迷っているさなか、幸手の防災無線から、「明日は強風、豪雨が予想されます。不要不急の外出はなるべくお控えください」なんて放送が流されたんです。
 早速、ヨガの責任者である林さんと相談した結果、中止を決断したんです。インストラクターにもその旨連絡し、やれやれと思っているところに、林さんから連絡が入りました。「NHKの天気予報によれば、明日午前中の雨量は3時間で1ミリ、風量も6~8mくらい」とのこと。エエ~、その程度なら普通の雨と同じじゃんと思い、市の防災無線担当課に問合せをしたんです。

画像の説明

 
 「防災無線放送によれば、強風、豪雨ということになっているが、NHKのローカル天気予報では、雨量1ミリ、風速6~8mとなっている。どちらを信じればよいのか」と尋ねたんです。そしたら市の担当者、「防災無線で流したのは、一般のテレビで流している情報を前提にしている。それ以上の詳細な情報があるわけではありません。」とのこと。
 何のことはありません。我々が見ているテレビの台風情報と同じレベルで情報を受けていただけなんですね。それならば我々もテレビは十分に見ているので、わざわざ防災無線で間延びのした声で放送する必要はないと思いますね。
 このため、再度、実施を検討しましたが、インストラクターの方は、中止の連絡を受け、早速別の用件を入れてしまったととのこと。結局、調整がつかず、最終判断は已む無く中止となりました。このヨガ教室がスタートして以来、初めてのことです。

当日の参加者は9人でした

 さて、今日はヨガの実施日。天候はいかがか。防災無線の予報通り、強風・豪雨となれば問題はありません。誰も来ず、迷惑を被る人はいないからです。
 ところが、空を見上げると、時々、小雨がぱらつく程度で、風もほとんどありません。雨量は1ミリにも達しないでしょう。豪雨や強風はどこにもないんです。結果的には、NHKのローカル天気予報通りだったんです。

画像の説明

 これではヨガ実施可能、と判断した生徒さんが何人か来てしまうはず。これはまずいと判断し、早速、会場のアスカル幸手に行き、来られた人に個別にお詫びしようということにしました。
 お詫びのしるしに那須でとれたジャガイモと冬瓜(とうがん)を少々お持ち帰りいただくことにしたんです。写真でご覧いただけますように、冬瓜は1個でも巨大で重たいんです。そこで、家内が小分けにしてくれました。
 参加者は全部で9人でした。ひとりひとりにお詫びしました。嬉しかったのは、誰一人、苦情を申し立てる人もなく、快く引き揚げていただけたことです。今後は、このホームページ上でも、中止情報が閲覧できるようにしたいと思います。おいでいただいた皆様、大変申し訳ありませんでした。
 
 

a:311 t:1 y:0

コメント


認証コード9109

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室