幸手市 ヨガ教室 幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

酒寄先生の登場です

酒寄先生の登場です

クーラー不要

 7月25日という日頃から言えば、夏真っ盛りです。暑くて暑くてやりきれない、というのが相場です。実際にも、一時、太平洋高気圧とチベット高気圧が重なり、布団を二枚重ねしたような状態になり、猛暑に苦しみました。しかし、その猛暑は一体、どこに行ってしまったんでしょう。ここ数日、めっきり涼しいんです。朝、目が覚めると、なぜかひんやりしている。

画像の説明

 今日もそんな1日でした。冷房を入れる必要もないくらいに涼しい。写真でご覧頂けるように、窓を全開し、外の空気を取り入れれば、十分に涼しかったんです。

 今日のインストラクターは、酒寄先生。これまで、毎月、最終木曜日に登場して頂くのを例としていました。これは、酒寄先生ご自身の希望だったからです。今月も、この例に倣って、最終木曜日になりました。

小学生もチラホラ

 酒寄先生の時は、なぜか生徒数が増加します。今日も26人が参加しました。内、小学生が5人。小学生が増えたのを見て、「そうか、今は夏休みなんだ」と実感しました。私の小学1年の孫もこの5人の内の1人です。

画像の説明

 私は、個人的には、このような子供の増加は好ましいと思っています。将来につながるからです。小学高学年、中学と進むに従い、当然、もっとハードで激しいスポーツに進んでいくでしょうが、小さい頃に学んだ経験というのは、必ず脳細胞が覚えているものです。英単語や化学式なんてすぐに忘れてしまいますが、体で覚えたことは決して忘れません。子供の時に覚えた自転車は、大人になってからも決して忘れることはありません。それと同じです。
 体の柔軟性は、どんなスポーツをする際にも必要とされます。イチロー選手がバッターボックスに入る前に、ネクストバッターボックスで行っている運動。あれは基本的にはヨガのポーズに通じるところがあると思って見ています。体のあらゆる筋肉をほぐしているんです。一部の筋肉にこわばりがあってはいけなんです。
 不必要な筋肉の力を抜くことによって、ここぞという時の瞬発力が生まれるんですね。140キロから150キロのスピードでボールが飛んでくるんですから、柳のように柔軟に受け止める体が必要なのは当然ですね。

画像の説明

恋はするほど艶が出る?

 今日は参加者が多かったため、私は参加を遠慮しましたが、酒寄先生の授業は、ヨガポーズの合間にいろんな話を織り交ぜるのが特徴です。
 昔から、私はこの話を聴くのが好きでヨガ教室に通っていたようなものです。酒寄先生の話の中に度々出てくるものの一つに、「若さを保つには恋をすること」という項目があります。私も、全面的に賛成です。実際の行動に移しては迷惑を蒙る人も出てくるでしょうが、精神的な恋なら、毎日でも結構だと思います。特に、女性は、恋をすると心も体も活き活きとし、肌の色つやがよくなるそうですから、大いに秘密の恋をされたらよろしいと思います。
 また、酒寄先生の話には、最近、クルーズ船で海外旅行をしてきたときの話が多くなりました。クルーズ船なんて、我々貧乏人にはまだまだ高嶺の花ですから、こういう話も結構楽しいですね。人間誰しも、自分の経験のないことには、大いに興味をそそられるものです。
 酒寄先生の授業は、「お話」の部分が結構入りますが、最後になってみると、「ああ体がほぐれた~」「よく体を動かした~」という満足感が得られるから不思議です。これがインストラクター歴30ウン?年のキャリアのなせる業というものでしょうか。

コメント


認証コード0477

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室