幸手市 ヨガ教室 NPO法人幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

雪にも関わらずヨガ教室実施しました

カテゴリ:雪

雪にも関わらずヨガ教室実施しました

朝から雪の予報

 事前の天気予報では、深夜からの雨が明け方には雪に変わり、昼過ぎまで降り続く、との予報でした。しかも、この予報、一週間も前からほとんど変わらず、木曜日の午前中は雪マークがつきっぱなしだったんです。

画像の説明

 昔なら、天気予報なんてどうせ変わるよ、なんて高を括っていたものです。でも、最近はやたら予報が当たるようになってきたと思いませんか。予報の精度が上がったのは、多分、スーパーコンピュータの発達で、天気予報にこのスパコンを活用するようになってきたせいだと思います。
 さまざまな情報を入力し、一気にダ~!っと計算させているんでしょうね。
 雪の予報が出ていたので、昨日からヨガ教室を中止すべきかどうか、大いに迷っていたんです。雪が降れば、多分、参加者は一桁、それも5人未満、2人か3人だろうと踏んでいたからです。

実施は前日から決めていました

画像の説明

 それでも実施を決めたのは、前回台風直撃との情報で中止した時の教訓があるからです。その時は、中止したのに10人以上の参加者があり、皆さんにお詫びをしたという苦い経験があるからです。
 参加者が1人でも2人でも、来てくれるなら、その人たちのためにもやろう、という訳です。もちろん採算なんて考えていません。
 このため、インストラクターには、予め、「たとえ雪が降っても実施します」と伝えてありました。その点での齟齬はありませんでした。でも、インストラクターも車がスノータイヤでないため、電車で来られるということで、杉戸高野台駅まで迎えに行きました。

参加者は7人でした

画像の説明

 さて実際に何人来るものか。スタッフ一同固唾をのんで見守りました。10時30分からレッスン開始ですが、いつもなら10時10分頃には、数人が到着しています。
 ところが、今日はその時点でゼロ。段々不安が募ります。「今日はスタッフだけでやろうか」なんて、不貞腐れていたところ、ぽつりぽりつと数人がやってきました。開始時刻の10時30分で参加者は7人集まりました。我々スタッフ5人も、今日は堂々と参加しました。会場は、一部屋キャンセルしたにもかかわらず、ガラガラ状態だったからです。

マンツーマン指導に男性陣感激

画像の説明

 今日は、スタッフ全員が入っても12人ですから、会場はガラガラです。インストラクターの根本先生も、余裕があるからでしょうか、今日は、ひとりひとり丁寧に直接指導してくれたんです。
 私たちスタッフは全員70過ぎ(あ、一人だけ60台)ですから、若くてきれいなインストラクターに手取り足取り教えてもらうなんて、幼少のみぎりよりとんと機会がありません。もうそれだけで舞いがってしまいました。日頃から若い女性からは、睨まれることはあっても見向きもされないからです。
 「ここのところをこう曲げて」とか、「こちらはこうひねって」なんて、具体的に教えてもらうと、もうそれだけで大感激です。私も、「思いっきりできない振りをして」指導していただきました。外の雪も今日は心なしか暖かく感じられたものです。

a:281 t:1 y:0
 

 

コメント


認証コード6694

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室