幸手市 ヨガ教室 幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

4月最後のヨガ教室です

4月最後のヨガ教室です

いよいよゴールデンウイークです

 世の中は、いよいよゴールデンウイークということで、マスコミなども、この期間中の天気の予想を長々と解説しています。私も、サラリーマン時代は、ゴールデンウイークが嬉しくて、心待ちにしていたものです。1日年休を使えば6連休、2日年休を使えば10連休なんて、何度も手帳を見ながら、いろいろと空想を巡らせていたものです。年休なんて毎年消化しきれず、余っていたので、こういう時に集中的に使うのが習わしだったんですね。

画像の説明

 でも、今は、サラリーマンもクビになり、毎日がゴールデンウイークのようなもの。本来なら、晴れれば田を耕し、雨が降れば読書に勤しむ、なんて夢のような生活を送るつもりでした。
 でも、現実は厳しいですね。家の前には、猫に叱られそうな位の猫の額の庭があるだけ。読書をすれば、すぐ眠たくなる。
 収入だって、年金だけということになると、多くのサラリーマンOBは生活ができないでしょう、多分。よって、少しずつ退職金を取り崩しながら生活している、というのが実情なのではないでしょうか。
 その証拠に、スーパーの安売りの広告などが入った翌日は、朝早くからスーパーの店頭は高齢者で溢れます。しかも、その多くがオジサン、オジイサンです。きっと、奥様から「お父さん、暇なんだから安売りの○○を買ってきて頂戴!」なんて言われ、渋々買いに来てるんだと思います。多分、旦那は自分では広告をチェックしていないと思います。奥さんがチェックして旦那に言いつけているということです。一家の主たるもの、「稼いできてなんぼ」のものです。稼ぎのない亭主は、寄生虫のようなものです。言葉はいらないのです。あれこれ理屈をこねる暇があったら、「金を稼いでこい!」ということです。大黒柱とは、そういうことです。
 我が家も同じです。惨めです。だから、レジに並んでいるサラリーマンOBのお爺さん達の群れを見ていると、「これがサラリーマンの成れの果てか・・・」と、無性に同情と憐みを催し、そして何だかもの悲しくなるんですね。

4月最後のヨガです

画像の説明

 な~んて、寂しい話で始まってしまいました。今日は、4月最後のヨガ教室です。参加者は32人。最近、参加者の減少に危機感を抱いていました。少ない時は、一桁、9人なんていう時もありました。いよいよ店じまいをしなければいけないかな、なんて思うこともあったんです。でも、暖かくなるにつれ、徐々に参加者も増えてきました。
 特に、今日は美しい米山先生です。参加者は30人を超えると予想していました。期待通り、32人の参加があり、スタッフ一同、いつにも増して笑顔がはじけていました。
 参加者が増えると、現金なもので、すぐに「会場に入りきらなくなったらどうしよう」なんて考えたりするんですね。こういうように楽観と悲観、感情の浮き沈みの激しいのもB型の特徴なのかもしれません。
 あ、そうそう。B型で思い出しました。私の家内はA型なんです。何かの本で読んだことがありますが、A型の妻とB型の夫というのは「史上最悪の組み合わせ」なんだそうですね。
 確かに、意見の合わないことが多いですね~。A型は、几帳面で大きなことができない。何事もよく考えた上で行動し、めったなことでは冒険しないというのがA型の特徴のようです。逆に、私は、金もないくせに、「後先を考えず、先ず体のほうが動いてしまう。結果は後から付いてくる」という方ですから、意見なんて合うはずがありません。

お調子者のB型?

 私は、本当は血液型なんていうものは信用していません。でも、B型の特徴と言われるものをじ~っと見ていると、なるほどと納得できる部分も多いんです。インターネットで調べたところ、B型の特徴は、次のようなものだそうです。( )の部分は、私個人の感想です。
①興味の対象が広すぎて、夢中になるのも早いが飽きるのも早い。(女性にもすぐに興味を持ちました。振られてばかりなので、飽きるところまで行きませんでした。)
②いったん夢中になると他人のことが目に入らなくなる。(いつも猪突猛進しました)
③ 一度気に入らないことがあるとやる気をなくし、人が変わったように怒ったり落ち込むことがある。(確かにぬか喜びと振られた時の落差が大きかったですね。)
④ 感情を抑制するのがヘタですぐ顔に出る。(妻から、「機嫌がいいかどうかは、顔に書いてあるから直ぐにわかる」と何度言われたか分かりません。生まれつき正直者で、嘘がつけない性格なので、嘘をつくと鼻の穴がひくひく動くのですぐ分かるそうです。)

画像の説明

⑤ 自己中心的なところがあるため、人から頭ごなしに言われたり、命令されたりすることが嫌い。(妻から、自己虫と何度言われたか分かりません。自分がやろうとしていることを人から言われると、テコでも動こうとしませんでした。)
⑥ 集団で行動するのは苦手だが、仲間はずれには敏感。(集団行動は大嫌いなくせに、一応誘ってくれないと落ち込んだり恨んだりしていました。)
⑦ひとつのことをコツコツ進めていく忍耐力に欠ける。(確かに、「極めた」ということがないように思います。珠算は6級(1級が最高)までだったし、合気道も初段すら取れなかった。でも、合気道の後の飲み会には、コツコツと真面目に参加し、忍耐強く最後のひとりになるまで飲んでいました。忍耐力が強い一面もあるんですね。え?しつこいだけ?)
⑧ 自分にできないことを頑張ってやり遂げるほうではなく、得意なこと興味あるものに感心を示す。(これ、人間として当たり前のことだと思うんだけど・・・。興味のない女性に関心を示すなんてことないでしょう。)
⑨ 多分にマイペースなため、常識に欠ける行動を取りがち。(常識に欠ける・・・う~ン、謹厳実直・質実剛健が骨の髄まで浸み込み、余りにも真面目すぎるせいかな。)
⑩おっちょこちょいで少しドジな面がある。(多分、おっちょこちょいでしょうね。褒められれば、木でも屋根でも登ってしまうはずです。)

 なるほど、なるほど。本当によく当たってますね~。特に、⑨のマイペースは、家内からもしばしば指摘されます。⑩のおっちょこちょいでドジ、というのも納得です。
②のいったん夢中になると、他人のことが目に入らなくなる、なんていうのもズバリだと思います。
 家内と結婚したのも、僅か1回の見合いが縁でした。下宿のおばさんから見せられた見合い写真を一瞥し、広島の勤務地に住んでいた私が栃木県に帰郷する際、大阪でお見合いをすることになったんです。ステーションホテルのレストランで2時間か3時間一緒にいて話をし、改札口での別れ際、「お互いに気が合いそうだと思ったら、3日後、この場所で会いましょう。どちらかが来なかったら、お互いに恨みっこなし。この話はなかったことにしましょう」と言って別れたんです。

画像の説明

 3日後、2人とも定刻にその改札口に来たんですね。でも、その程度の出会いで、40年以上も夫婦をやってこられたんですから、夫婦の縁なんて、わざわざ「赤い糸」なんて難しいこと言わなくても、適当につながるものなんじゃないでしょうか。

私の父の血液型は・・・

 結婚して、ン十年も経過した頃、私の父が家に泊まりに来たことがありました。90歳近くになり、高齢になったので、寒冷期だけ私の家で4ヶ月ほど面倒を見ることになったんです。
 あるとき、妻が夫、つまり私に関する愚痴を延々と述べ始めたんです。父は炬燵でまるまって聞いていました。「お父さん!B型は自分勝手で、何でも自分ひとりでやってしまうんですよ。この家の土地を買った時だって、私に何の相談もせずに、行ってきま~すと言って出かけて行ったら、「土地を買ってきた」と言って帰ってきたんです。ほんとにマイペースで、私の意見なんて、何にも聞いてくれないんですよ~。それにね、調子が良くてね、ウンタラカンタラホンデマタネ・・・(延々と続く)、ほんとにB型って困ってしまいますよね~。ところで、お父さんは何型なんですか?」
父「ン?・・・ぼ・く・は~B型です」(完全にうつむき加減で)
 
 

a:1314 t:1 y:0

コメント


認証コード8046

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室