幸手市 ヨガ教室 NPO法人幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

当教室のインストラクターが雑誌に載っていました

当教室のインストラクターが雑誌に載っていました

画像の説明

オー、この人はうちの教室の先生だ

 今日は、赤坂見附界隈を散策し、一ツ木通りから赤坂方面に向かいました。赤坂Bizタワー、TBS放送局の近くで、文教堂書店の赤坂店に入ってみました。30分ほど一般誌を渉猟した後、雑誌の並んでいるコーナーを覗き、何気なくヨガの本を手に取り、パラパラと頁を繰っていました。ヨガの決めポーズをしているモデルさんは、皆さんきれいだな~と思いながら見ていたら、モデルの1人に、見覚えのある人がいるではありませんか。「この人どこかで見たことがあるような気がするな~」と思って、モデルの名前を見てみました。小さな小さな字で「モデル=まいまい」と書いてありました。「ん?、まいまい・・・??」、そういえば、ヘルシーアカデミーのHPに「MaiMai」という名前で出ている人がいたな~、ということに気がつきました。
 そうだ、この人は我がNPO法人幸手げんき社のヨガ教室で、インストラクターをお願いしている柴村先生だ、と気がついたんです。
 柴村先生は、スタイルが抜群に良く、かねがね本業は一体何をしている人なんだろう、と思っていました。このようなモデル業もされていたんですね。元々おきれいな方だと思っていましたが、こうしてヨガの専門誌で拝見すると、確かに「垢抜けてるな~」と思います。

画像の説明 画像の説明

 この「Yogini」という雑誌。英語で「ヨガをする女性のこと」だそうです。因みに、私のささやかな英語力では「Yogini」の意味が全く理解できませんでした。手元の英和辞典で引いてみると、「Yogi」はヨーガ行者という意味だそうです。でもYoginiは出てきません。造語かも知れませんね。この雑誌の次号は9月21日発行だそうですから、2ヶ月に1回くらいの頻度で発行しているんでしょうか。いずれにしろ、こういう赤坂界隈の本屋さんで、インストラクターの方とお目にかかるとは思っても見ませんでした。
 しかも柴村先生のでている頁は、表紙のタイトルにでている『ヨギーニの「骨盤庭筋」の革命』という、当月号の一番の売り、いわば目玉商品に登場していたんです。自分の娘が出ているかのように嬉しくなり、思わず一冊購入してしまいました。

画像の説明

若い女性しか出てこないヨガ専門誌

 この雑誌を見ていた気がついたことがあります。それは、記事の中にオジサン、オバサンの姿が、どこを探しても見当たらないことです。オジサン、オバサンがいない位ですから、ましてやお爺さん、お婆さんの姿は全く見当たりません。「読者にオジサン・オバサンはいない。若い女性インストラクターが読者だから」、ということなんでしょうか。でも、ヨガ教室を主宰している者の立場からすると、かなり抵抗感があります。(右の写真は、当ヨガ教室で撮影したもの)
 ヨガは若い人ばかりでなく、壮年者も、高齢者も等しく楽しめて、健康を保持できる運動だと思うんです。この雑誌のように、若い女性ばかりしか登場しないと、「ヨガ=若い女性のもの」、と誤解する人が出てくるかもしれません。
 私は、これからの長寿社会においては、「ヨガこそ、高齢者に大いに参加して欲しい!」運動だと思っています。なぜなら若い人なら、ジャズダンスでも、エアロビクスでも、ホットヨガでも、さまざまなジャンルの選択肢がありますが、高齢者は選択の幅がかなり限定されていると思うからです。
 ヨガは、呼吸法を基本に据えていますし、動きが緩やかです。しかも、無理に動きについていく必要はなく、自分のできる範囲でやればよい。その点で相手を必要とする合気道や柔道とも違います。ですから、できなくても誰にも迷惑はかかりません。

画像の説明

痛た気持ちいいを大切に

 しかも、ヨガのいいところは、「いたきもちいい」ということを大事にする運動です。これは、「痛い」という言葉と「気持ちいい」という言葉を合わせた造語ですが、インストラクターの方の頻出用語でもあります。つまり、ヨガの決めポーズは、「少し痛い」、けれどそのポーズをキープしていると「気持ちいい」。これを組み合わせた動作ということですね。最初はできないポーズでも、ほんの少し痛いのを我慢して繰り返していくと、段々とできるポーズが増えてきます。
 人間というのは不思議な動物で、できる動作が増えてくると嬉しくなるものです。特に、我々高齢者は、体が硬くなっていますから、「前はこのポーズはできなかったのに・・・」、いつのまにか出来るようになっていた、というのはとても嬉しいんです。
 「痛い」、だけど「気持ちいい」。このヨガの「いた気持ちいい」精神をこれからも大事にしていきたいと思います。

    コメント


    認証コード2247

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by Quick Homepage Maker 5.0
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

    幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室