幸手市 ヨガ教室 幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

NPO法人のお花見をしました

NPO法人のお花見をしました

今日は、NPO法人の協力者たちによるお花見をしました。

画像の説明

 参加者は、全部で8人。会費は、男性が1,000円、女性は、おつまみを一品持参することで無料ということにしました。1人一品でよいということになっていたのに、ご覧の通り、沢山のおつまみが集まり、大宴会の様相を呈しました。

画像の説明

 花見の花は、桜も散ってしまったので、リンゴの花とスオーで代用しました。リンゴの花というのは、満開になると華やかなものですね~。満開の桜と同じように、全体が花で覆われ、壮観です。スオーもまた、丁度、今が見頃で、我が家の庭で咲き誇っていたのを数本切り、花瓶に挿したものです。
 おつまみは、年寄りが8人に対してかなり多すぎた感があります。肉じゃがや酢の物といった定番料理はもちろんのこと、しめ鯖など刺身類も数品ありました。特に、葉菜和という寿司店から特別にマグロの差し入れがあり、豪華さに華を添えてくれました。

▶▶▶葉菜和のお店の紹介はこちらから→幸手の人気寿司店「葉菜和」

 お酒は、日本酒党と焼酎党がいるので、両方を取りそろえました。もちろん、私は徹底した日本酒党です。焼酎を飲んでいる人に聞くと、殆どの人が「本当は日本酒を飲みたい。日本酒はうまいからね~」と仰います。つまり、美味しいものを敢えて避け、余りうまくないもので我慢している、ということなんですね。
 要するに、健康診断や人間ドッグを受診すると、必ずと言ってよいくらいに、「ガンマーGDPの値が高くなっています」とか言われ、ついでに「お酒はなるべき控え、飲むなら糖分の多い日本酒は避けた方がいいでしょう」なんて忠告を受けるからなんでしょうね。

画像の説明 画像の説明

 だから、私は敢えて言うんです。「人生は短い。美味しいものを我慢し、うまくもないものを無理に飲むくらいなら、少々寿命が短くなってもいい。健康診断も人間ドックもいらない。それでもこうして、健康で70歳目前まで来た」と。
 もちろん、私だって健康に気を遣わないわけではありません。自分の体調や健康状態は自分が一番よく知っていますから、飲み過ぎたと思ったら、その翌日はなるべく飲む量を減らすとか、体調管理には気を遣っています。でも好きなものを止めてまで、気の乗らないウイスキーや焼酎を飲もうという気持ちは更々ありません。
 ウイスキーと言えば、この日、飲み残しのナポレオンを出してみたんです。封を切ってからもう10年以上は経過していると思います。恐る恐る出してみたところ、「これはうまい」ということになり、みんなであっという間に消費してしまい

画像の説明

ました。ナポレオンは、ブランデーワインということになるんでしょうが、私にはブランデーとスコッチの区別もつきません。「猫に小判」という表現がありますが、私にとっては、高級ブランデーよりも安物の日本酒の方が似合うんです。
 あっという間に「あ幸手」の夜も更け、お開きの時間になりました。皆さん、益々元気がよくなり、二次会でカラオケに行きたいということになり、近くのカラオケ店に繰り出しましたが、生憎今日は月曜日。このあたりの商店街は月曜休日の店が多いんです。やむなく、別の居酒屋に行きましたが、「12時閉店なので」ということで断わられてしまいました。みんなそのままおとなしく帰ってふて寝しようということになり、三々五々、解散と相成ったのであります。

 

コメント


認証コード7070

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室