幸手市 ヨガ教室 幸手げんき社 高齢者 子育て 一人暮らし

sattegenkisya is contribute to community& goog life for the old

ヨガ4回目です

ヨガ4回目です

今日はヨガ4回目です

2桁18人が来てくれました。

 さあ、平日としては、今日は初のヨガ日です。どれくらいの人が来てくれるのか、不安いっぱいでした。なんせ2日の土曜日が一桁しか来てくれなかったので、心配です。

画像の説明

 ところが、あにはからんや18人も来てくれました。我々スタッフも加えれば、総計21人です。まあ、これ位の人数になれば、何とか格好はつきます。しかも、初めてヨガをやるという人が5,6人位いました。この人たちが、ヨガって楽しいと思ってくれれば、次につながります。

今日の講師は竹内先生です

 今日講師を務めて頂くインストラクターは、竹内紀子先生です。酒寄ヨガ道場でも何度か教えて頂いた方です。でも、先生は、私の印象はなかったようです。当然です。大勢の生徒の中で、70歳に近いじじいがいたかどうかなんて、記憶に残るはずもありません。
 余談ですが、竹内先生の家をお聞きしたところ、白岡市だそうです。「白岡ですか。梨の産地ですね~」と言ったところ、「私の家も梨農家です。」というではありませんか。埼玉県以外の人にはどれくらい知られているのか分かりませんが、埼玉県人は、「白岡市は全国屈指の梨の産地」と思っています。その梨農家の生まれだったんですね。道理で、瑞々しいと思いました。

画像の説明

 早速レッスンが始まりました。竹内先生は、よく通る声で、しかも一つ一つの動作を説明つきで教えてくれるので、大変分かりやすく、生徒は理解しやすかったと思います。

赤ちゃん連れの方も

 おひとり、赤ちゃんを連れてこられた方がいました。最初は、人見知りをして泣かれるかなと心配しました。でも、みんなが「可愛い、可愛い」と代わる代わる抱っこしても全然泣くこともなく、これなら大丈夫と安堵しました。しかも、1時間のレッスンの最中、おまるのような椅子にすっぽりと入り込んだまま一言も泣き声をあげず、母親の動作を見たり、他の生徒の動作を見たりしていたんです。
 下の写真をご覧ください。腰まですっぽり入る椅子の中から、じーっと母親のヨガを見学していたんです。一般に、赤ちゃんは、同じ動作に耐えられず、すぐにぐずって泣いたりするものですが、この子は全く泣くこともなく、この姿勢のまま1時間以上いい子して座っていたんです。私もゼロ歳児の孫がいますが、とてもこんなにいい子なんかしてませんね。多分、10分ともたないでしょう。
 私は、思わず、帰りがけに「今度はスタッフが面倒を見ますから、ぜひまたおいで下さい」と声をかけてしまいました。

画像の説明

また来たい

 レッスンが終わり、皆さんがぞろぞろと帰り始めた頃、「楽しかった~。今度は妹も連れてきたい」と言ってくださる方がいました。「楽しかった」の一言は、私たちにとっては、主催者冥利につきる珠玉の言葉ですね。
 その上、知人まで連れてきていただける、嬉しいじゃないですか。楽しかった、という人が仲間を連れてきてくれる、これが本当の理想形なのかもしれません。これから、もっとこの道場の生徒が増える予感がしてきました。あっ、そんなセリフ、いささか早すぎますね。 (^.^;

    コメント


    認証コード0077

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by Quick Homepage Maker 5.0
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

    幸手げんき社 幸手市 高齢者 ヨガ教室